描き散らかしたものを詰め込む頁 nascondiglio

GerIta 隠しきれていない隠し頁へようこそ!

ここは、あざさのフリーダムかつ不定期更新の落書き置き場です。
小説の1シーンだったり妄想の産物だったり、自由です。イヤンvなものも放置されているのでご注意ください。
ぱちぱち ←拍手&コメントお気軽にください。長文大歓迎です!  (↑new↓old オンマウスで説明) 

長篇『アポカリッセの1秒前に』
パパンを亡くして、レナート司教と暮らしていた頃のちびアル。
祭服(司教お手製のミニサイズ)を着て、教会の仕事をお手伝い。


「アル、お前はやはり天使だったのか」
ロリコンだろうが何と呼ばれようが構わない、とハインが思った瞬間。


「神さま、この願いは罪ですか?」
あぁ、この胸の痛みをセツナサと呼び、イトシサと言うのだろう。


「ハイン!ちゃんとシャツ着て!」
「猥褻物陳列罪!」「は?」
シャワーを浴びて、前髪下ろしたハインはいろいろ危険です(←何が)
上半身裸の状態でリビングをふらふらして、アルに怒られればいい。


「あなたのような上司に付き従えるのは、私だけですよ」
唐突に描きたくなる秘書さん。
何故か、あざさの友人から愛を受けまくっている秘書さん。


「お前はどこもかしこも甘いな」
それは、極上の…的なアレでソレで。


長篇「愚か者たちよ、恐れること勿れ」でいろいろ頑張った人
秘書さん↓の命令を受けて「さっさと殺っちゃいますか」とウキウキな護衛さん。


「アル君(とボス)に害成すものに容赦は要りません」
さらっと「殺っちゃってください」とか命令していそうな人。


EUって便利
「アル、デート行くぞ」「…どこに?」「スペイン」
「(ハインのデートの概念って国境を越えることなのかな…?)」


「ボス、たまにはきちんと着てください…」
三十路's代表(笑)


「だ、抱きしめたい…ッ!」「これからロ○コン上司と呼びますよ、ボス」
長篇「純白の~」を書いていたら唐突にちびアルが描きたくなった。


膝かっくんの代償
素敵な笑顔のフルアさんに大量の仕事を命じられた上司の図。
秘書から膝かっくんの報復に遭ったようです(笑)


「よいせっ」
「フルアさんみたいな人程からかってみたい衝動が…膝かっくんとか」
というメールの一文にまんまと釣られた☆
「膝かっくんをやるハインも見たい」「え、何それ、私も見たい」
ってことで描いてみたよイエイd(・∀<)
素敵なネタを提供してくれたのは可愛い妹分のすずちゃんvGrazie!
すずちゃんのHP『狂瀾輪廻』には目の保養になるイラストがわんさか。


長篇「純白の薔薇に口付けを」5話
※あくまでハインリヒ視点。現実とは異なります。


長篇「純白の薔薇に口付けを」5話
これでもかってくらいハインに痕を付けられたアル。
耳たぶとか、足の付け根とか、足の親指にも付いていそう。
だってほら、付ける人がナチュラルな変態ドイツ人だから☆←


長篇「ペデラストが裁かれる日」
イヤンvなアルの姿をずざぁっと勢いで描いたら幼くなったよ、テヘっ☆←


「ハイン見て見て~。ぶかぶか~v」
「Σアル!?下も穿け!下も!!(俺の理性が飛ぶだろうが!)」


中篇「モノクロームの世界に花が咲く」
白い闇に閉ざされた世界にふたりきり。込み上げるのは、圧倒的な孤独感と甘美。


中篇「その痛みは、苦しいですか?」
苦しくていい。痛くていい。辛くていい。それは、心が壊れていない証拠だ。

まだ空っぽです

↑上へ戻る

うちの子ご自由にお描き下さい同盟
Please do not reproduce without prior permission.All articles / pictures / images on this site are copyrighted by Azasa.

*ブラウザバックでお戻りください
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/29-13756a73

  


  一行の物語(1h毎に入替)

頁の外にある物語(小話部屋)

小ネタブログ[eterna allegato]

もう1つの物語(創作BL小説)

創作物語の別巻ブログ[arcobaleno]

  「物語」の頁を繰る人々

  

Designed by

Ad