スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/330-7f109934

頁のない物語 #02

「お前のために輝かないのなら、世界には何の意味もない」

そう言い切った男には、漆黒よりも美しい闇色の翼が。
堕ちた天使の翼があった。
地獄の腕に抱かれたルチーフェロは、あの美しき男に祝福をと、笑みを浮かべた。

__________


「1625×10の22乗分の1、なんだって」
「…何がだ?」

膝の上に乗せていたアルフレードが、クッションを抱えたままぽつりと言う。
問えば、鳶色の美しい瞳が向けられる。

「この世界の中で、」

するりと、彼の細い腕が首へ回され、頬を蜂蜜よりも甘い色をした柔らかな金糸の髪が撫でた。
そして、艶然と言うに相応しい笑みを浮かべ、囁く。

「たったひとりの愛する人と出逢い、愛し合える奇跡の確立」

その瞬間。
俺は、アルフレードに。
この愛しい存在に、何度目かの恋をした。

__________


「涙は口をきかない悲しみの言葉である」。
そう言った哲学者がいた。
ならば彼は、どれほどの悲しみの言葉を叫んでいると言うのだろうか。

「アル…アルフレード」

眠りながら涙を流し、縋るように枕を握り締める愛しい存在。
その手が、俺に伸ばされることはない。
何故、ひとりで泣くのか。
何故、俺に縋らないのか。
そう、問うことが出来ずに、俺は彼の頬を濡らす涙を拭う。

いつか、彼の悲しみの言葉を聞くことができる日を、願いながら。

__________


例えば、世界が今日滅ぶとしたら、あなたは何がしたい?
そう聞いたオレに、あなたは。

「滅ぶ瞬間にお前とキスができたら幸せだろうな」

と言って、抱き締めてくれた。
こうして温もりを分け合いながら、最期の瞬間に愛の言葉を囁けるだけでいい、と言う。

本当に、世界なんて滅んでしまってもいいくらい、オレは何て幸せなのだろう。

__________


その言葉が好きなわけではない。

「おかえりなさい、ハイン」

お前が、その言葉を紡ぐのが好きなんだ。

__________


「ハイン」
「どうした?」

神さま、お願いです。

「おいで、アル」
「うん」

今、ここに、確かに居るのだという証をください。

__________


お前に、ラブレターを書いてみようと思った。
使い慣れない便箋を前にし、お前の名前を書いたところでペンが止まる。
お前に贈りたい言葉は、挙げられないほどある。
だが、本当に伝えたい言葉はたったひとつだ。
ペンを置き、封をしてお前に渡す。

なぁ、アルフレード。
俺がお前に伝えたい言葉は、たったひとつしかないんだ。

「愛している」

__________


あなたに、ラブレターを書いてみようと思った。
便箋を前にして、名前を書いたところでペンを置く。
いろいろ考えたけれど、あなたに伝えたい言葉はたったひとつしかなかったから。
何も書かないまま、封をして、あなたに渡す。

ねぇ、ハイン。
オレがあなたに伝えたい言葉は、たったひとつしかなんです。

「愛しています」

__________


月と太陽が恋をして、愛し合って、星が生まれた。
けれど。
彼とオレがどれほど愛し合っても、何かを生み出すことはできない。

初めて、寂しいと感じた。

__________


理由は、言葉では言い表せない。
いや、理由などないのかもしれない。
見た瞬間に、出逢った瞬間に。
心が、叫んだ。

そう、これは、本能的な飢えだ。
彼を求めようと、求められたいという、醜くも純粋なまでの飢えだ。
渇望、なのだ。



web拍手 by FC2



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/330-7f109934

  


  一行の物語(1h毎に入替)

頁の外にある物語(小話部屋)

小ネタブログ[eterna allegato]

もう1つの物語(創作BL小説)

創作物語の別巻ブログ[arcobaleno]

  「物語」の頁を繰る人々

  

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。