スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/334-e2bf5314

頁のない物語 #06

風の凪いだ静か過ぎる夜は、眠れない。
だから、星も月もない漆黒の空を見上げて。
時間の流れから隔絶されてしまったかのような世界に身を委ねて過ごす。

「どうか、このまま…」

ぽっかりと地球に空いた深い穴に落ちてしまったような。
何かから逃げることも、何かに怯えることもしなくていい、完全に孤独な世界。
それは圧倒的な恐怖を感じさせるのと同時に、どこか心地良くて。

「オレに、光があることを教えないで」

光を下さい、と頭の中で訴えている必死な自分の声が聞こえないように、耳を塞いだ。

__________


あなたは、知っていますか?

「アル」
「うん」
「愛している」
「うん、オレも」
「お前を、窒息させてしまうくらいに…」
「うん。オレだって、あなたと同じくらいあなたを愛しているよ」

知っていましたか?
『心を受ける』と書いて、『愛』なんです。
だから、オレはあなたの心を全て受け止めます。
どうか、恐れないで。
それはちっとも重たくないから。
もっと深く、深く。
窒息しそうなくらいに、溺れるほどに、愛してください。

__________


「ねぇ、あなた。あの子も、きっと…」
「そうだね。私たちのように、幸せになってくれるよ」
「私たち以上に、幸せになって欲しいわ」
「あの子なら…いや、あの子たちなら、なってくれるだろう」
「えぇ、きっと。必ず」

さぁ、私たちの愛しい子等よ。
いつか訪れる永訣のその瞬間まで、愛し、愛される幸せを享受しなさい。

__________


何となく、ただただ無性に触れたくなって。

「ハインの手は大きいね」

なんてわざとらしく言いながら、掌を合わせて、指を絡めてみた。
そうすると、彼はぎゅっと握り返してくれる。
繋がった手から伝わる温もりに。
彼の優しさに。
あぁ、オレはこれが感じたかったのか、と気付いた。

__________


「ねぇ、そのバウムクーヘンね、」
「ん?何だ?」
「実は、惚れ薬が入っているんだよ」

「……っ、げほ、お、お前…何を…」
「大丈夫?はい、コーヒー飲んで」
「あぁ…じゃなくてな、お前はこれ以上俺を惚れさせてどうする気だ」
「もっと愛されたくて?」
「よし、覚悟はいいな、アル」

__________


「疲れただろう?寝ていろ」
「うん、大丈夫」

そう言うものの、抗い切れなかった睡魔に誘われていったお前の小さな寝息が耳朶を擽ったのはすぐのことで。
ステアリングを切り、路肩に車体を静かに寄せる。

「…おやすみ、アル」

後方へ流れていく景色を見つめていたお前が、何を考え、何を想っていたのか。
願わくば、それが遠い日の温かく優しい思い出でありますように、と祈りながら。

「眠りの女神の祝福を」

額に唇を落として。
対向車も後続車もいない、ボローニャへと続く道に車体を戻した。

*長篇「アポカリッセの1秒前に」11話より

__________


置き去りにした過去に、会いに行こうと思います。
置き去りにした痛みごと、抱きしめてくれる人がいるから。

「傍にいて」
「あぁ、傍にいる」

ぎゅっと強く繋いだ手が、オレの背中を押してくれた。

*長篇「アポカリッセの1秒前に」3話より

__________


「“ママの味”?」
「そういうキャッチフレーズらしいぞ」
「どうして、ママンなのかな?」
「母親の優しさのような味、ってことじゃないのか?」
「なるほどー」

「で、味の感想は?」
「オレには、ハインの味がするよ」

その白くて丸いソフトキャンディは、優しさに溢れた人の。
あなたの優しくて、甘い味がした。

__________


「アルが選ばれたのではなく、アルがこの世界を選んだのだろう?」

俺と出逢うために。
そう願っても、今日くらいは許されるだろうか。

__________


「次はどこへ行きたい?」

テーブルの上に世界地図を広げるあなた。
その楽しそうな横顔がちょっと子どもっぽくて、可愛い。

「ハインと一緒なら、どこでもいいよ」

だって、どんなに素敵な景色のある場所でも、オレはきっと。
きっと、あなたのことしか見えないだろうから。



web拍手 by FC2



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/334-e2bf5314

  


  一行の物語(1h毎に入替)

頁の外にある物語(小話部屋)

小ネタブログ[eterna allegato]

もう1つの物語(創作BL小説)

創作物語の別巻ブログ[arcobaleno]

  「物語」の頁を繰る人々

  

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。