スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/336-d8e0f74a

頁のない物語 #08

「今夜は星が見えないね」

夜空を見上げながら、彼はそう言った。
そこで初めて、漆黒の夜空に星の煌めきがないことに気付いた。

__________


確信めいたものがありました。
この青年がまだ幼き頃より今も探し続けている、たったひとりの“神”を。
ただ見下ろすことしかできない、ある意味では徹底した平等主義の“神”ではなく。
「誰か」と助けを求めていた、そのまだ名前も知らぬ“誰か”を。
彼は必ず見つけるだろう、という確信が。

「厳しく険しい旅路の先に、どうか幸いあれ」

さぁ、私の愛しい子よ。
今こそ、傷付いた翼を広げて飛び立つときです。

__________


「これは、幸せのシーツだからな。これで眠ると、哀しい夢は見ない」

イタリアの古い民謡を持ち出して。
悪戯っぽくそんなことを言うあなたの深い優しさに、オレがどれほど救われたか。

「おやすみ、アル。夢の中で逢おう」

あたたかい幸せのシーツは、今日もオレを守ってくれている。

__________


漠然とした不安とか恐怖は、姿がないから余計に心をざわめかせる。
でも、大丈夫。

「大丈夫だ」

あなたがそう言うから、大丈夫。
根拠なんて要らない。
あなたがそう言ってくれるだけで、いい。
どんな些細な不安も、ちっぽけな恐怖も、あなたが全てオレごと抱擁してくれるから。
だから、大丈夫なんだよ。

「うん、あなたがいるから…大丈夫」

__________


「っ、ん…ふ、っ…」
「アル、アルフレード」

あなたの愛は、ナカから溶かされそうになるほどに熱くて。

「…もっと、おくに…はい、んを…っ」

あぁ、もういっそ。
あなたの愛に、毀されて、溶けてしまいたい。

__________


お前は自分の感情が乖離し、壊れることに怯えているが。
俺は、心のどこかでそうなることを望んでいる気がする。

「…お前の全てになりたい、などと…」

乾いたスポンジが水を吸い上げるように。
お前の中を俺の存在だけで満たしたい。
溺れて、息もできなくなるほどに。

「お前の全てを奪おうとしているこの俺を、許してくれるか?」

__________


思わず触れることを躊躇った、細い手。
ガラス細工のように繊細で、綺麗な手。
それを、己のこの手で穢してはいけない、と誰かが頭の中で言う。
しかし、彼は少し照れたように微笑み、そうして、その細い手を差し出してきた。

「手、繋いでもいい?」

頭の中で、誰かが何かを叫んだ。
だが、俺はそれが聞こえないように、込み上げてきた愛しさで耳を塞いだ。

__________


世界は、どんなときも変わらない。
どこかで、哀しみに嘆く人がいたとしても。
どこかで、声が枯れるまで泣く人がいたとしても。
痛みに蹲り、苦しみに苛まれる人がいたとしても、決して変わらない。

「“今日”なんて、早く終わってしまえばいいのに…」

今、このときを激しい疼痛に耐えながら生きている人間がいるというのに。
太陽と月に見守られながら、世界はいつもと全く変わらない24時間を刻んでいる。
あぁ、ほら。
世界はやっぱり残酷で。
そして、何て優しいのだろう。

__________


「ハインの鼓動を聞くと安心する」

左胸にぴたりと耳を宛がい、瞳を閉じてそう言うアルフレードの柔らかな金糸の髪を撫でる。
やがて聞こえてきた規則的な寝息に、あぁ、愛しいと思う。
一瞬たりとも手離したくないほど、強く、深く。

「Alfredo…俺の、最愛」

夢の中でさえも共に在りたい、と。
細い身体を抱きしめ、そう願った

__________


ねぇ、この想いはあなたに届いていますか?
あなたに愛され、あなたを愛し、共に生きたこと…とても幸せでした。
ありがとう。

だから、再会のときまで、一時のお別れです。
どうかその時まで、生きて。
そして、もう一度、愛してください。

さようなら、愛した人。
愛して、いました。



web拍手 by FC2



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/336-d8e0f74a

  


  一行の物語(1h毎に入替)

頁の外にある物語(小話部屋)

小ネタブログ[eterna allegato]

もう1つの物語(創作BL小説)

創作物語の別巻ブログ[arcobaleno]

  「物語」の頁を繰る人々

  

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。