スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/337-3cacd4ff

頁のない物語 #09

ガラス細工のように繊細なお前は、とても美しい。
だが、ガラス細工はあまりにも脆い。
俺は今でも、心のどこかでお前を壊してしまうことを恐れている。

「いっそ、狂ってしまえたら」

狂気に溺れ、お前を壊してしまうほどに強く抱きしめることができたなら。
いっそ、楽だろう。
だが、葛藤し、躊躇に苛まれ。
そうして、お前がこれ以上にないほどに愛しい存在だと思い知る瞬間も。
また、ひどく甘美な幸福なのだ。

__________


「っ、ぁ…はいん、はい、ん…ッ」

生理的な涙に。
痛みに喘ぐ唇に。
快楽に抗う苦しげな表情に。
背中を抉る引っ掻き傷にさえ欲情した俺を、お前は許してくれるだろうか。
お前を愛しいと思う反面で、お前を壊したいと思う俺を、受け入れてくれるだろうか。

「ん、ぁ…ッ、は…っ、んん…っ、」

無意識なのか、それとも、意図的なのか。
背中に回されていたアルフレードの手が髪を梳く。

「いい、よ…はいん」

あぁ、やはりお前は…。
何もかもを許容するその優しい手つきに、歓喜で震えた。

__________


幸せ過ぎたあの日々を、どうか消してください。
何度も、そう祈った。
そして、今。
その言葉を翻す。

「どうか、あの幸せだった日々の思い出と共に生きていけるように…」

俺の中で、確かに生きているお前の命の気配を抱いて。
今、俺は初めて、穏やかな気持ちで祈ることができた。

__________


逢いたい。
誰に?
それは分からない。
だというのに、求めているのか?
そう、どこかが欠けたこの心が希求している。

「この醜い世界のどこかで…」

誰を求めているのか、何を欲しているのか…。
その答えを、どこかで探している。

__________


いかないで。
往かないで。
逝かないで。

「それでも君は…だから私は、君に逢いに行くよ」

君が遺してくれたかけがえのない愛おしい命を、遺して。
あの子もいつか必ず、私にとっての君に等しい存在を見つけてくれると確信しているから。
約束の丘で、再び君と二世の約束を交わすために。
君に、逢いに逝く私を許してほしい。

__________


まるで、ゴヤの描いたマハか。
はたまた、モディリアーニのように扇情的な…。

「…嗚呼、」

神秘的なその神々しさは、ジョルジョーネのヴィーナスのように美しく儚げで柔らかく。
透き通る肌は、ルネサンスの宗教画のように艶やかで優美で背徳的で。
金糸の柔らかな髪は計算されたかのような流れで、滑らかな白い頬に掛かっている。

「綺麗だ」

美しく、神秘的で、静謐で、神々しく、妖艶。
陽光の下で心地良さそうに眠る彼は。
全ての要素が、不完全なこの世界の中で唯一。
完璧、だった。

__________


どんなに離れていても、寂しくはないよ。
だって、貴女の温もりはずっと傍にあるから。

そんな単純なことを思い出すのに、時間がかかってしまったけれど。
でも、思い出せたから。
だから、貴女に見ていて欲しいと思うのです。

「オレは、今日も生きています」

__________


どんなに強く願って祈ったとしても、神さまは叶えてなどくれないのに。
それでも、願うことも祈ることも、止められなかった。

「…助けて」

悪魔でも死神でもいい。
どうか、この苦痛から助けてください、と。

__________


何時からか、どこからか。
そんなことは、もう忘れた。

「きっと、出逢う前から…」

ううん。
生まれてくるずっとずっと前から、オレは彼を探していたのだと思う。
だって、恋に落ちることは。
彼を愛することは、必然だったのだから。

__________


一切惜しむことなく。
海より深く、空より広く、無条件で与えてくれる。

「アル、アルフレード」
「うん、もっと」
「アル」
「もっと、呼んで。抱きしめて」

あまりにも大きくて、そろそろ持てなくなりそうだと思っていたら。
いつの間にか、それに包まれていた。

「俺の最愛」

あなたの、海よりも深く、空よりも広い愛に。



web拍手 by FC2



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://storiaeterna.blog10.fc2.com/tb.php/337-3cacd4ff

  


  一行の物語(1h毎に入替)

頁の外にある物語(小話部屋)

小ネタブログ[eterna allegato]

もう1つの物語(創作BL小説)

創作物語の別巻ブログ[arcobaleno]

  「物語」の頁を繰る人々

  

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。